本文へ移動

製作までの流れ

寸法出し


スプール図を見ながら、寸法出しを行います。
弊社では、事務員と現場の双方向で寸法出しを行うことで、作業効率の向上に繋げております。
又、事務員も図面に対する知識があるので、お客様からのお問い合わせ、ご要望に対応が可能です!


 
         

切断

弊社では、自動バンドソーを使って切断をするため、
罫書きがいらず寸法精度も高い配管を切断することができます。

         自動バンドソー        1
350A、400A切りバンドソー 各1台
                  その他バンドソー       4台
 
         
自動バンドソーの、切断工程の動画をアップしております!
どんな感じで簡単かつ正確にカットできるのかを
拝見していただければと思います♪
みてネッ!

配管加工

パイプシェーバー

開先加工機や、パイプシェーバーを用いて加工をします。
 
パイプシェーバーの魅力はグラインダーを使わずにパイプと継手の開先加工、内側外側の黒皮めくり同時に行います。
そのため、溶接作業をする時間を多くとる事ができ、
きれいに仕上げることに集中できます。
 
 
パイプシェーバーの作業風景です。
内側除去,外側除去,開先加工の工程を動画にしております。
よかったら視聴してね♪
before
after
before
after

フレアマシン

こちらは、フレアマシンという機械です。

パイプの端部をつば出し加工することで、フランジを溶接する手間や施工時間の短縮、品質の向上に繋がっております。
 
 
フレアマシンの作業風景です。

あっという間につば出しが行われていきます。
良ければ視聴してください★
before
after

仮止め(組み立て)

ピース止め
仮止めでは、溶接の歪みを考え、丁寧に仮止めします。
*本溶接する器具で行います。(写真ピース止め)
また、本溶接の事を主に考え
2次組,3次組に分け、ポジショナーの回転と溶接機の電気をその都度変えることなく
溶接をしていくことができ、効率アップ!!
 
 

本溶接作業

私たちは3種類の溶接技術(半自動溶接・TIG溶接・アーク溶接)を
受注や材質によって使い分けています。
技術は他社にも引けを取らない仕上がりの溶接を施しております!
また、品質を一定に保つために仮止めと本溶接を分けて行っております。
それにより、クオリティの高い品物をご提供出来ることに繋がっております!

海住工業株式会社
〒510-8012
三重県四日市市茂福町8-20
TEL.059-373-6650
FAX.059-373-6651

配管業
0
2
7
0
5
5
TOPへ戻る